水上飛行機でアクセスする、モルディブ魅惑のリゾート「アンサナ ヴェラヴァル」とは?【大人の男と女のモルディブ海岸物語 #3】

Facebook
Twitter
voice_20180903_maldives03_1948s.jpg
モルディブの空の玄関口は、海にもあるのだ。

いまやリゾート先進国であるモルディブを、男女のコンビがそれぞれの視点からレポートする短期集中連載。第3回はアジアを中心に40軒以上展開するバンヤンツリー・グループのブランドである「アンサナ ヴェラヴァル」を紹介。

voice_20180903_maldives03_1767s.jpg
今、アンサナで人気のサービス、フローティング・ブレックファースト。部屋のプライベートプールでいただく最高に贅沢な朝食。

PROFILE119603s.png ♂代表 サザン
平日はスーツでビシッと。休日はサザンオールスターズをBGMに海ドライブを楽しむカナヅチのアラフィフ。

PROFILE114757s.png♀代表 あおい
生きがいは世界のビーチリゾート探訪。会社では姉御肌の管理職、リゾートでは人魚に変身するアラフォー。

アンサナ ヴェラヴァルってこんなところ

voice_20180903_maldives03_9634s.jpg
水上飛行機の数に圧倒。大きさや定員はマイクロバスほど。

サザン まるで映画「紅の豚」ですね!

あおい 水上飛行機のフローティング・ステーションには驚きました。

サザン 海面から離発着すると頭では理解していましたが、実際に乗ってみると迫力に大興奮。撮り鉄のように連写していたら、パイロットが「カメラを貸してごらん」とコックピットからの風景を激写してくれてさらに感激しました。

あおい 飛行時間は約40分~1時間。この水上飛行機に乗りたくて「アンサナ ヴェラヴァル」を訪れるゲストもいるんですって。

サザン 水上飛行機にプロペラ機、スピードボートと、モルディブのアイランド・ホッピングは乗り物好きにも刺さると思います。 

voice_20180903_maldives03_1919s.jpg
コックピットを覗ける一番前の特等席は早いもの勝ち。どのパイロットもなぜか裸足だ。
voice_20180903_maldives03_1194s.jpg
"インド洋の真珠の首飾り"と称されるモルディブの島々。
voice_20180903_maldives03_aerial_0926s.jpg
左に見える本島と水上ヴィラからなる二部構成。移動は定期的に行き来する連絡ボートで。

あおい そもそもアンサナは、スタイリッシュなスパリゾートで有名な「バンヤンツリー」の姉妹ブランドですよね。

サザン なかでもここヴェラヴァルは、本島とは別に水上ヴィラ群を設けた、モルディブのリゾートで初めての二部構成がユニークです。

あおい もう一つの目玉は、101もある充実のアクティビティですよね。

サザン トム・ハンクスの映画「キャスト・アウェイ」をイメージしたディナープランも人気。無人島のビーチにBBQをセッティングしてくれるそう。

あおい アンサナも一周歩いて20分ほどの島。アマリ同様、スパ、ジム、キッズルームがありつつ、図書コーナーやビリヤードなどもありました。特に気になったのがカラオケルーム。歌声に自信ありの方は、私のようにのど自慢してみては?

ロングステイも飽きさせない(写真4枚)

サザン こうした施設は本島に集中しています。僕が泊まったのも本島のビーチフロント・ヴィラ。まるで童話に出てきそうな小さなおうちが気に入りました。

あおい 私が泊まったのは、インオーシャン・プールヴィラ。海に面したインフィニティプールでは、お気に入りの水着で人魚になりました。

voice_20180903_maldives03_angsana 74s.jpg
物語の主人公になれそうな、デラックス・ビーチフロント・ヴィラ。
voice_20180903_maldives03_1479s.jpg
屋上も備わる232平米ある2階建て、インオーシャン・サンライズ・プール・ヴィラwith サラ。
voice_20180903_maldives03_1241s.jpg
インフィニティプールと桟橋先のサラにはデイベッドが。寝そべれば海と一つになれる。
voice_20180903_maldives03__1850rgbfs.jpg
広々としたインオーシャン・プール・ヴィラは、水上ヴィラタイプのスイートルーム。
アンサナ ヴェラヴァルは全113室。こちらはヤシの木陰に立つ本島のレセプション。

アンサナ ヴェラヴァルは全113室。こちらはヤシの木陰に立つ本島のレセプション。

ダイビング、ヨガ、料理教室などのほか、サンゴの植樹などのエコなアクティビティも。

ダイビング、ヨガ、料理教室などのほか、サンゴの植樹などのエコなアクティビティも。

パートナーのお祝いをするならこちら。無人島のスペシャルディナー「キャスト・アウェイ ビーチBBQ」。

パートナーのお祝いをするならこちら。無人島のスペシャルディナー「キャスト・アウェイ ビーチBBQ」。

日本が誇るカラオケ文化。ここでウケを狙うなら、坂本九の「SUKIYAKI」!?

日本が誇るカラオケ文化。ここでウケを狙うなら、坂本九の「SUKIYAKI」!?

右は地中海料理レストラン「アズーロ」。日中であれば、水上飛行機の離発着も眺められる

右は地中海料理レストラン「アズーロ」。日中であれば、水上飛行機の離発着も眺められる

メキシコ人シェフの腕前は、食通のイタリア人ジェネラル・マネージャー、マリオさんも太鼓判。

メキシコ人シェフの腕前は、食通のイタリア人ジェネラル・マネージャー、マリオさんも太鼓判。

夜は毎晩のようにパーティが開かれる本島のバー「クレディ」。

夜は毎晩のようにパーティが開かれる本島のバー「クレディ」。

モルディブの伝統の歌と踊り

モルディブの伝統の歌と踊り"ボドゥ・ベル"のショーが、旅の思い出に彩りを添える。

第一村人発見。金枠にネットを貼ったモルディブ伝統の椅子は、ハンモック感覚。

第一村人発見。金枠にネットを貼ったモルディブ伝統の椅子は、ハンモック感覚。

コーランの文言やモルディブ伝統工芸の漆器で彩られたモスク。

コーランの文言やモルディブ伝統工芸の漆器で彩られたモスク。

以前はサンゴが家々の塀に使われていた。今は環境保護のために禁じられている。

以前はサンゴが家々の塀に使われていた。今は環境保護のために禁じられている。

浅瀬のラグーンとは違って、足先に冷たさを感じる深さ約50m。

浅瀬のラグーンとは違って、足先に冷たさを感じる深さ約50m。

ドルフィンフィッシュは、食べきれない量の刺身とグリルに化けた。

ドルフィンフィッシュは、食べきれない量の刺身とグリルに化けた。

夜間のライトアップには、南アフリカのソーラーLEDランタン「ライトソネングラス」を多用。

夜間のライトアップには、南アフリカのソーラーLEDランタン「ライトソネングラス」を多用。

飲料水はボトルに詰めてNOプラスチック。

飲料水はボトルに詰めてNOプラスチック。

毎夕、行われるエイの餌付け。アンサナは生きものと共存しているリゾートなのだ。

毎夕、行われるエイの餌付け。アンサナは生きものと共存しているリゾートなのだ。

スパは本島のレセプションからすぐ。まずは入り口で受付を。

スパは本島のレセプションからすぐ。まずは入り口で受付を。

スパの効果を高めるウェルカムドリンクをいただきながら、メニューを相談。

スパの効果を高めるウェルカムドリンクをいただきながら、メニューを相談。

スパで使用されているオリジナルコスメは、このレセプション向かって右の「アンサナ・ギャラリー」で扱う。

スパで使用されているオリジナルコスメは、このレセプション向かって右の「アンサナ・ギャラリー」で扱う。

一目でアンサナとわかるオレンジ色のグッズは、女性のお土産に喜ばれること請け合い。

一目でアンサナとわかるオレンジ色のグッズは、女性のお土産に喜ばれること請け合い。

客室にある浴衣風のバスローブやポーチも手に入る。

客室にある浴衣風のバスローブやポーチも手に入る。

メインレストランの喧騒から離れた静かな場所でいただく、専属シェフ付きのディナー。

メインレストランの喧騒から離れた静かな場所でいただく、専属シェフ付きのディナー。

熱々の焼き立てをすぐサーブ。お酒が進むビーチディナーだ。

熱々の焼き立てをすぐサーブ。お酒が進むビーチディナーだ。

DJプレイとスクリーンの映像を連動させたビーチパーティは、ちょっとしたフェス感覚。

DJプレイとスクリーンの映像を連動させたビーチパーティは、ちょっとしたフェス感覚。

木造船のドーニに揺られて街まで10分。荷物は空港で預けて身軽になってから行こう。

木造船のドーニに揺られて街まで10分。荷物は空港で預けて身軽になってから行こう。

模様を施した朱色の漆器は、モルディブの伝統工芸。

模様を施した朱色の漆器は、モルディブの伝統工芸。

果物や野菜の多くは、モルディブ国外からの輸入に頼っている。

果物や野菜の多くは、モルディブ国外からの輸入に頼っている。

「味見する?」と削り出してくれたカツオ節。いい出汁がとれそうだ。

「味見する?」と削り出してくれたカツオ節。いい出汁がとれそうだ。

お土産を購入するなら、船着き場からほど近い「STOスーパーマート」へ。

お土産を購入するなら、船着き場からほど近い「STOスーパーマート」へ。

ツナ缶などのモルディブの特産品や、隣国スリランカの紅茶が定番のお土産。

ツナ缶などのモルディブの特産品や、隣国スリランカの紅茶が定番のお土産。

コーヒーブレイクするなら東京レベルの香り高い一杯がいただける「メラキ コーヒー ロースターズ」へ。

コーヒーブレイクするなら東京レベルの香り高い一杯がいただける「メラキ コーヒー ロースターズ」へ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop