高感度ビジネスマンがあえて乗る「外しの美学」を備えたクルマ【ステーションワゴン編】

Facebook
Twitter
高感度ビジネスマンがあえて乗る「外しの美学」を備えたクルマ【ステーションワゴン編】

何だかんだと言っても圧倒的な積載量と立体駐車場にも入る利便性は大きな魅力。トレンドに流されず、自己主張ができる魅力的な3台+αをオススメする

前回のスポーツセダン編に続き、今回はステーションワゴンを取り上げる。このステーションワゴン、もともとは商用車がベースだったこともあり1990年代まで日本国内では車種が少なく、市民権を得るまでに至らなかった。しかし、その後2000年にかけて起きた"RVブーム"に乗り、ミニバンとともに市場を拡大。国内市場を見てみると1990年頃の販売台数が19万台ほどだったのに対して、2000年には61万台にまで拡大している。最もミニバンに関して同じ期間で見ると8万台が97万台まで拡大していることから勢い自体はミニバンに軍配が上がる。

各自動車メーカーもこのブームに乗って数多くのモデルを市場に投入してきたが、人々のライフスタイル&ステージの変化、もう少し嫌みっぽく言えば「すぐに飽きてしまう!?」日本人の悲しい性も手伝って市場自体は縮小傾向、とくに国産車ではラインナップも減少しているのが現実だ。

しかし、ステーションワゴンの魅力はやはりセダンやミニバンでは味わえない独自の世界がある。何よりも現在のステーションワゴンはセダンをベースに開発していることから走りの楽しさなどはセダンと同様、それでいて積載スペースは圧倒的に広く、都市部の立体駐車場などにも容易に入庫できるなどのメリットがある。

実際、ステーションワゴンを使いこなしている人に話を聞くと、自分のライフスタイルが変化してもクルマ自体のバーサタイル性(汎用性や用途の広さ)は変わらないとのことで「猫も杓子もステーションワゴン(失礼)」の時代を乗り越えたからこそ、本当にクルマのことがわかって、なおかつ気に入って乗り続ける(乗り換える)人も多いそうだ。

前述したように人々のライフスタイル&ステージ、さらにトレンドの変化によって、昨今ではやはりSUV、細分化するとクロスオーバーSUVが人気であることは誰の目にも明らかだ。この種のクルマもバーサタイル性に優れていることは間違いないし、高い着座感を気に入っている人も多い。だからこそ人とは違いながらも"通"のクルマを選びたい。前回のスポーツセダンでも触れた「ウンチクが語れる」クルマを3種類+α選んでみた。ただしベタベタの王道は最後のαに任せるとして、まずは「こんな良いクルマがあったのか」と思える3台を紹介する。

<b>MAZDA ATENZA WAGON|マツダ アテンザワゴン</b><br />
アテンザワゴンは全長4805×全幅1840×全高1480mmと欧州Dセグメントに位置するサイズ。搭載するエンジンは2.2L直4クリーンディーゼルと2L&2.5L直4のガソリン。グレードに応じて電子制御の6速AT、さらにディーゼル車にはこのクラスとしては非常に珍しい6速MTも設定されている。車両価格は282万6900円〜。

MAZDA ATENZA WAGON|マツダ アテンザワゴン
アテンザワゴンは全長4805×全幅1840×全高1480mmと欧州Dセグメントに位置するサイズ。搭載するエンジンは2.2L直4クリーンディーゼルと2L&2.5L直4のガソリン。グレードに応じて電子制御の6速AT、さらにディーゼル車にはこのクラスとしては非常に珍しい6速MTも設定されている。車両価格は282万6900円〜。

ボディサイズがセダンと異なるワゴン専用ボディを持つのがポイント。普通、クルマを開発する場合、シャシー部分は流用するのが定石だが、アテンザの場合はホイールベース他が異なる。主力とも言えるクリーンディーゼルは最高出力を129kW(175ps)から140kW(190ps)に、最大トルクも420N・m(42.8kgf・m)から450N・m(45.9kgf・m)に向上している。

ボディサイズがセダンと異なるワゴン専用ボディを持つのがポイント。普通、クルマを開発する場合、シャシー部分は流用するのが定石だが、アテンザの場合はホイールベース他が異なる。主力とも言えるクリーンディーゼルは最高出力を129kW(175ps)から140kW(190ps)に、最大トルクも420N・m(42.8kgf・m)から450N・m(45.9kgf・m)に向上している。

広いラゲージスペースとシートアレンジによりアクティビティにも十分活用できる。また全ての席での快適性を向上。革内装の上級グレードである「25S L Package」「XD L Package」には、ナッパレザーシートや本杢(ホンモク)パネル等を採用し独自の上質感を演出する。

広いラゲージスペースとシートアレンジによりアクティビティにも十分活用できる。また全ての席での快適性を向上。革内装の上級グレードである「25S L Package」「XD L Package」には、ナッパレザーシートや本杢(ホンモク)パネル等を採用し独自の上質感を演出する。

<b>HONDA JADE|ホンダ ジェイド</b><br />
全長4660×全幅1775×全高1540mm(RS)と立体駐車場に入庫可能なサイズ。新設定のRSはインラインタイプのLEDヘッドライトや18インチアルミホイールを採用する。車両価格は239万8680円〜。

HONDA JADE|ホンダ ジェイド
全長4660×全幅1775×全高1540mm(RS)と立体駐車場に入庫可能なサイズ。新設定のRSはインラインタイプのLEDヘッドライトや18インチアルミホイールを採用する。車両価格は239万8680円〜。

写真のボディカラーである「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック」はRS専用色。パワートレーンは1.5L直4ハイブリッドとターボの2種類。組み合わされるトランスミッションはハイブリッドが7速DCT、ターボがCVTとなる。

写真のボディカラーである「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック」はRS専用色。パワートレーンは1.5L直4ハイブリッドとターボの2種類。組み合わされるトランスミッションはハイブリッドが7速DCT、ターボがCVTとなる。

5名仕様に割り切ったことで後席の快適性は大幅に向上、シートスライドはできないがリクライニングは可能。また後席専用空調吹き出し口も採用する。

5名仕様に割り切ったことで後席の快適性は大幅に向上、シートスライドはできないがリクライニングは可能。また後席専用空調吹き出し口も採用する。

<b>JAGUAR XF SPORTBRAKE|ジャガー XFスポーツブレイク</b><br />
全長4965mm×全幅1880mm×全高1455mm。堂々としたサイズではあるが、意外と取り回しがしやすいのも特徴。搭載するエンジンはクリーンディーゼルとガソリン、2種類の2リッター直4ターボ、これに8速ATを組み合わせる。車両価格は722万円〜。

JAGUAR XF SPORTBRAKE|ジャガー XFスポーツブレイク
全長4965mm×全幅1880mm×全高1455mm。堂々としたサイズではあるが、意外と取り回しがしやすいのも特徴。搭載するエンジンはクリーンディーゼルとガソリン、2種類の2リッター直4ターボ、これに8速ATを組み合わせる。車両価格は722万円〜。

スポーツブレイクが最も美しく見えるのがリアエンドからのデザイン。ステーションワゴンでありながらスポーツカーのようなエクステリアも独特。ラゲージルームは5名乗車時で566Lの容量を持つ。

スポーツブレイクが最も美しく見えるのがリアエンドからのデザイン。ステーションワゴンでありながらスポーツカーのようなエクステリアも独特。ラゲージルームは5名乗車時で566Lの容量を持つ。

昨今のジャガー車はADAS(先進運転支援システム)のほか、インフォテインメント機能も強化されているのが特徴。装着される「InControl Touch Pro」は10.2インチの大型ディスプレイを採用。カーナビはもちろん音声認識による多彩な操作も可能だ。

昨今のジャガー車はADAS(先進運転支援システム)のほか、インフォテインメント機能も強化されているのが特徴。装着される「InControl Touch Pro」は10.2インチの大型ディスプレイを採用。カーナビはもちろん音声認識による多彩な操作も可能だ。

<b>MERCEDES-BENZ C-CLASS STATIONWAGON|メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン</b><br />
全長4702mm×全幅1810mm×全高1457mm。昨今車両サイズが大型化する傾向にあり、特に全幅を拡大することは日本の道路事情を考えるとあまり好ましいとは言えない。Cクラスは全幅1810mmと高い小回り性能によりこのクラスとしては非常に取り扱いやすいのが特徴だ。車両価格は473万円〜。

MERCEDES-BENZ C-CLASS STATIONWAGON|メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン
全長4702mm×全幅1810mm×全高1457mm。昨今車両サイズが大型化する傾向にあり、特に全幅を拡大することは日本の道路事情を考えるとあまり好ましいとは言えない。Cクラスは全幅1810mmと高い小回り性能によりこのクラスとしては非常に取り扱いやすいのが特徴だ。車両価格は473万円〜。

先進安全装備である「レーダーセーフティパッケージ」はAMG系に標準装備、その他には20万1000円でメーカーオプションとなる。機能の豊富さはもちろんだが、安全面や先進性を考えても絶対に装着したい装備のひとつである。

先進安全装備である「レーダーセーフティパッケージ」はAMG系に標準装備、その他には20万1000円でメーカーオプションとなる。機能の豊富さはもちろんだが、安全面や先進性を考えても絶対に装着したい装備のひとつである。

新世代のインフォテインメントシステムである「COMMANDシステム」もレベルアップ。メルセデス・ベンツのテレマティクスサービスである「Mercedes me connect」との連携は高いホスピタリティを提供してくれる。

新世代のインフォテインメントシステムである「COMMANDシステム」もレベルアップ。メルセデス・ベンツのテレマティクスサービスである「Mercedes me connect」との連携は高いホスピタリティを提供してくれる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop