80年前から今も新車で販売される英国クラシックカー「モーガン」に試乗してわかったこと

Facebook
Twitter
粋な英国クラシック風味の最新モデルに乗る─モーガン 4/4を試乗

粋な英国クラシック風味の最新モデルに乗る

80年間変わらぬ姿

モーガンモーターカンパニーは、2気筒エンジンを搭載したフロント2輪、リア1輪の「3-WHEELER」によって1909年に創業した英国の自動車メーカーだ。100年を超える歴史においてパワートレインなどは変わってきたが、フレームの一部に木材を使い、創業の地であるイングランドのウスターシャーで職人の手によって1台ずつハンドメイドで作り続けられていることは変わらない。

現在のモーガンのラインナップは、ルーツでもある「3-WHEELER」をはじめ、1936年に登場したモーガン初の4輪車である「4/4」、4/4をベースにワイドなフェンダー&タイヤと2リッターエンジンを搭載した「プラス4」、そしてもっともパワフルな3.7リッターフォード製エンジンを搭載した「ロードスター」の4モデルがある。

モーガン 4/4
1936年に誕生して以来、変わらぬ姿で作り続けられている「4/4」。量産車として世界で最も長く作られている。車両価格766万8000円。

試乗車は、誕生以来約80年間その姿を変えることなく作り続けられてきた「4/4」だ。クラシックなスタイルにソリッドな紺色のボディカラーがよく似合っている。フロントの長さから大きなクルマだと錯覚するが、全長4010mm、全幅1630mmと、全長はほとんどフィットやヴィッツと変わらない。全幅にいたっては約60mmも狭いのだ。

モーガン 4/4のディテールをチェック(写真5枚)

インテリアは、モトリタ製の華奢なウッドステアリングに、スミス製のメーター類、ブラックレザーの縦畝のシートなど、英国クラシックカーの定番アイテムがきっちり揃っている。サイドブレーキはフライオフ式という独特のレバー操作を必要するものだが、しばらく使っているとすぐに慣れた。坂道発進でも使いやすい。足元はお世辞にも広いとはいえない空間で、スチールの骨格にゴムのペダルを貼り合わせたシンプルなブレーキ&クラッチペダルが収まっている。アクセルペダルはローラー式という今どき珍しい形状のものだ。アクセルのオンオフ操作には何ら問題はないが、ヒール&トゥーはちょっと難しいかもしれない。

上質なレザーを使ったインテリア。ほぼ手作りといえるモーガン車は、内装の色など、ほぼオーダーメイドとなる。

上質なレザーを使ったインテリア。ほぼ手作りといえるモーガン車は、内装の色など、ほぼオーダーメイドとなる。

いまどきではない丸目のヘッドライトやグリルなど、誕生当時のクラシカルな姿をそのまま保つ。

いまどきではない丸目のヘッドライトやグリルなど、誕生当時のクラシカルな姿をそのまま保つ。

リアスタイルも独特。スペアタイヤの配置なども時代を感じる。

リアスタイルも独特。スペアタイヤの配置なども時代を感じる。

これまたクラシックなサイドミラー。

これまたクラシックなサイドミラー。

ボンネットにはロゴマークが配される。

ボンネットにはロゴマークが配される。

オープンカーは数あれど、4/4の外界との距離感は特別。一般的なオープンカーとは違った趣きがある。

オープンカーは数あれど、4/4の外界との距離感は特別。一般的なオープンカーとは違った趣きがある。

フォード製1.6リッターエンジンを搭載。最高出力は112psと決してパワフルではないが、車両重量795kg(乾燥重量)という軽さと相まって軽快な走りが味わえる。

フォード製1.6リッターエンジンを搭載。最高出力は112psと決してパワフルではないが、車両重量795kg(乾燥重量)という軽さと相まって軽快な走りが味わえる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop