「これでホンダ シビック TYPE Rより安いとは!」ルノー・メガーヌR.S.の走りに驚嘆する

Facebook
Twitter
フランスからドライバーを連れてやってきた新型ルノー・メガーヌR.S.

フランスからドライバーを連れてやってきた新型ルノー・メガーヌR.S.

「一人通訳が足りなくなっちゃって」。広報S氏から、そんな、てへ・ペロ状態で通訳の依頼が舞い込んだのは、伊豆の日本サイクルスポーツセンターでルノー・メガーヌR.S.のワークショップが行われる直前。ルノー・スポールの敏腕テストドライバーであるロラン・ウルゴン氏と、シャシー・エンジニアのフィリップ・メリメ氏の運転するメガーヌR.S.に乗り込んで、走行中のクルマの挙動や技術的特徴をメディア関係者に体感してもらうのだという。

ロラン・ウルゴン氏は2014年、ドイツのニュルブルクリンク・北コースで先代メガーヌR.S.トロフィーRで、7分54秒36というFF車として最速ラップレコードを記録したことで一躍、世界的に知られることになった。その後、欧州各社がこの記録に次々と挑み、昨年初夏にホンダ・シビック・タイプRが7分43秒80を叩き出すなど記録は破られたものの、満を持してメガーヌR.S.が4代目へとモデルチェンジしたものだから、世界中のスポーツ・ハッチバック好きの視線は俄然、そのパフォーマンスに集まっている。

ロラン・ウルゴン氏とシャシー・エンジニアのフィリップ・メリメ氏
同乗走行前に、ルノー・ジャポンの担当者による技術説明の様子。
チェッカーフラッグを象ったフォグランプ以外、一見してノーマル然として見えるメガーヌR.S.。

チェッカーフラッグを象ったフォグランプ以外、一見してノーマル然として見えるメガーヌR.S.。

リアビューの方がアグレッシブ。フロントとリアのトレッドは、それぞれノーマル比で+65mm、+45mm拡大されている。

リアビューの方がアグレッシブ。フロントとリアのトレッドは、それぞれノーマル比で+65mm、+45mm拡大されている。

深いグレーに赤をアクセントに採り入れた、メガーヌR.S.のコクピット。トランスミッションは6速EDCでステアリング裏のパドルでシフト操作する、2ペダル車だ。

深いグレーに赤をアクセントに採り入れた、メガーヌR.S.のコクピット。トランスミッションは6速EDCでステアリング裏のパドルでシフト操作する、2ペダル車だ。

搭載するエンジンも先代と大きく異なる。1.8リッター直列4気筒の直噴ターボで、279ps/6000rpmの最大出力と390Nm/2400rpmを発揮する。

搭載するエンジンも先代と大きく異なる。1.8リッター直列4気筒の直噴ターボで、279ps/6000rpmの最大出力と390Nm/2400rpmを発揮する。

245/35R19サイズのタイヤは、ルノー・スポールが4輪操舵の特性を踏まえてブリヂストンと共同開発した専用設計だ。

245/35R19サイズのタイヤは、ルノー・スポールが4輪操舵の特性を踏まえてブリヂストンと共同開発した専用設計だ。

アルカンターラの高級な質感。バケット形状でホールド性が高いとはいえ、クッション厚の豊かなフロントシート。

アルカンターラの高級な質感。バケット形状でホールド性が高いとはいえ、クッション厚の豊かなフロントシート。

後席シートやトランク容量といった実用面は、通常のメガーヌと同じ。

後席シートやトランク容量といった実用面は、通常のメガーヌと同じ。

マフラーはディフューザーに挟まれたセンター出し2本。

マフラーはディフューザーに挟まれたセンター出し2本。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop