カンカン帽もいいけれど......時代はパナマ!【ボルサリーノ】

Facebook
Twitter
8月号でパナマハットについて、ビームスの西口修平さん、ボルサリーノジャパンの近藤隆司さんに取材しました。

お二人がおっしゃっていたのは、「ボルサリーノを被るだけでいつものスタイルがグッと格上げされる!」ということ。取材中、ハットをお借りして被ってみたところ、「似合っている!」というお墨付きまで。ファッショニスタのお二人から褒められ嬉しくないはずがありません。すぐさま銀座三越に買いに走ったわけです。

着こなしはいつものスタイルに被るだけ!と思った以上に簡単。不思議と立ち振る舞いまでもエレガントになるのが、ボルサリーノの魔力でもあります。


白パナマ×白パンで爽やか夏スタイル!

k_20160817_02.jpg 白パナマは白パンと相性抜群。エレガントさが増します。コーディネートはリボンの色とVゾーンの色を揃えるのがポイント。慣れるととにかくカッコいい。周囲からも注目されているような気がします。

商品データ

ボルサリーノのスタンダードシリーズである「ファイン」はエクアドル産本パナマ素材を使用し、職人が時間をかけて編み上げる。顔や体型とのバランスを考え、ミドルブリム(幅6cm)を購入。5万3000円(ボルサリーノ ジャパン TEL:03-3230-1030)

※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.306月号

2019

VOL.306

11

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop