腹筋運動が苦手な人にオススメの「ニーツーエルボー」とは?【スーツが似合うカラダになる"服筋"#12】

Facebook
Twitter

"スーツが似合うしなやかで強い身体"。男性なら誰しもが手に入れたいと思う理想のスタイルだ。スーツ映えするシルエットを作るキーパーツを一つ一つ取り上げながら、着実に攻略するための実践メソッドをトレーナーの森 俊憲さんに教えていただく。

ニーツーエルボーで立ったまま場所を選ばずお腹を鍛える

今月の服筋は「腹斜筋、大腿四頭筋、大腰筋」

森 俊憲さん

教えてくれる人
森 俊憲さん

ボディクエスト代表。独自のWEBシステムや専用アプリを開発し、自宅に居ながらパーソナルトレーニングを受けられるフィットネスサービスを展開。これまでに1万3000人以上へのトレーニングを行う。
ホームページ:http://bodyquest.jp/

ニーツーエルボーで立ったまま場所を選ばずお腹を鍛える

まずは手軽なトレーニングから習慣化

一般的に知られる「仰向けから身体を起こす腹筋運動」といえばトレーニングの定番のように思われがちだが、黙々と地味な動作を繰りかえすだけだし、きつくて苦手! という人も多いだろう。そこで、今回、紹介するのは、道具なしでリズムよくお腹を鍛えられる体幹トレーニング。立った状態で腹筋運動ができるので場所も選ばない。上体をひねる動作で腹斜筋(わき腹)を刺激、また、脚を引き上げる動作は大腿四頭筋や大腰筋を鍛えるので下腹や下半身の引き締めにも効果的なのだ。

「とっつきやすいトレーニングは習慣化しやすいですし、一過性でない本物の効果を得るためには、トレーニングを日々の生活の中に上手く取り込めるかどうかが大切なキーポイントになってきます」と森さん。

要は通常のライフスタイルの中で「ルーティン化できれば無敵!」というわけだ。そこで森さんからワンポイントアドバイス。
「まず第一に、日々のスケジュールに『トレーニング実施時間』をムリなく組み込むには、一日のうちに必ずやっていることとセットにするとよいのです。たとえばお風呂。多少時間帯はズレても、夕食後や寝る前に習慣化されている場合が多いと思います。そこで、『夕食のあと一定の時間を置き、筋トレを実行。筋トレが終わったら入浴』とルーティン化します」

まずは実践してみて、ウエストを効果的に絞り込む動作の爽快感を味わうことが重要と森さん。これなら続けられそうだなというイメージが湧いてくるはずだ。

<b>Step 1</b>
<hr style= 足を肩幅に開き、背すじを伸ばして立つ。"/>

Step 1
足を肩幅に開き、背すじを伸ばして立つ。

<b>Step 2</b>
<hr style= 身体をしっかりとねじりながら太ももを高く上げて、右ひじと左膝をくっつけるように合わせる。"/>

Step 2
身体をしっかりとねじりながら太ももを高く上げて、右ひじと左膝をくっつけるように合わせる。

<b>Step 3</b>
<hr style= 一旦、1の体勢に戻ってから反対側も同様に行う。1回の動作ごとにスタートポジションで上体を一度しっかりと伸ばすことが大切。"/>

Step 3
一旦、1の体勢に戻ってから反対側も同様に行う。1回の動作ごとにスタートポジションで上体を一度しっかりと伸ばすことが大切。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop