「サンワカンパニー」代表取締役社長 山根太郎さんに聞いた!プレゼンで重要なこととは?【加藤綾子/一流思考のヒント】

Facebook
Twitter

「カトパン」ことフリーアナウンサーの加藤綾子さんが一流のトップに組織マネジメントや成功のヒントを探り、そっとシェアする「一流思考のヒント」連載。

第10回「サンワカンパニー」代表取締役社長山根太郎さん[前編]

加藤 綾子さん、山根 太郎さん

※最後に加藤綾子さんのスペシャルフォトギャラリー付き!

Profile
加藤綾子 Ayako Kato
1985年生まれ。2008年フジテレビ入社、看板アナウンサーとして活躍。´16年よりフリーアナウンサーとなり、活躍の場を広げる。4月から『世界へ発信! SNS英語術』(NHK)、『MUSIC FAIR』(CX)にて新たにMCを担当。オフィシャルインスタグラム@ayako_kato.officialも開始、8月現在で早くもフォロワー20万超え。

山根 太郎 Taro Yamane
1983年生まれ。株式会社サンワカンパニー代表取締役社長。関西学院大学経営学部卒業後、伊藤忠商事株式会社に入社。2年間の上海駐在を経て、2014年より初代社長である父の後継として現職に就任。各種スポーツのギアやスポーツウェアなどを取り扱うHEAD JAPANの契約ベテランテニスプレーヤーとしても活動する。

日本企業初の受賞となったミラノサローネ・アワード

加藤山根さんはお父様が大阪で創業されたサンワカンパニーの2代目社長でいらっしゃいますが、幼少期から家業を継ごうと思われていたんでしょうか?

山根全く考えていなくて、関西の大学を卒業後、商社マンとして働いていたんですが、2012年に上海に駐在していたとき、末期ガンを患っていた父から電話がかかってきたんです。ひとつは「(もう死ぬから)最後に会いたい」と言われたのと、もうひとつは「うちの会社をやってくれへんか」と言われました。後にも先にも父から何か頼みごとをされたのはそのときだけで、断るわけにはいかへんなと。二代目とか親の七光りとか言われるのはいやでしたが、明日からすぐに会社の社長をやれるチャンスは誰にでもあるわけではないので、この機会をつかみとらないと後悔すると思い、会社を継ぐことにしました。

加藤素晴らしいですね。山根さんが社長になられて、会社として何か変わった部分は?

山根父親はフローリングやタイルなど建築資材をゼネコンや工務店に卸売していました。一方で2000年に「これからは全部インターネットで直販するんや」と言って、実際にそう切り替えていったんですけど、さらに僕はいつか家ごとインターネットで売りたいと考えています。

加藤デザイン資材がすでにパッケージされている家なら、何から選んでいいかわからない人にとっては嬉しいかもしれませんね。

山根そこなんです。それとこの業界の問題は、同じキッチンを買うにしてもA社とB社で値段が違うこと。流通経路が違うからそうなるんですが、一物一価の法則でいうとおかしな話です。だからこそ、インターネット上で「誰が買ってもこの価格です」とオープンにする意味を感じています。ほかにも今の時代に家を買うことは、現代アートもそうですけど、富裕層の趣味になってしまっている部分もあるので、そこをインターネットを通じてエントリーレベルまで落として、どんな人でも家を持てるようにしたいですね。

加藤他にも何か挑戦されていることはありますか?

山根海外への挑戦ですね。家にまつわる建築ビジネスは常に人口と比例します。人口が減ると世帯数が減り、必要な家の数も減る。そうすると市場全体がシュリンクせざるを得ないので、人口が伸びている国に出ていかないと、会社を成長させることができません。

加藤少子高齢化の日本だけで勝負しても、成長は望めないと。

山根そうなんです。具体的には2016年に、業界関係者だけで一週間に約40万人が訪れる世界最大規模の国際家具見本市「ミラノサローネ」に初出展しました。まずはサンワカンパニーという名前を知ってもらう必要があると思ったんです。そして2回目の出展となった今年、結果的に優れた展示をした企業を表彰する「ミラノサローネ・アワード」という賞をもらうことができました。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop