「フックを改善してフェアウェイキープ」できる、最新の3本はコレだ!

Facebook
Twitter

MEN'S EX ONLINE でゴルフ連載〔プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー〕を担当しているゴルフライターの鶴原さんが、フックに悩むゴルファーに最適な最新ドライバー3機種をチョイス。左の林の中に消えていくOBでスコアを崩している人は必見です!

voice_20180618_golf_150s.jpg

左に曲げたくないフッカーは、
プロユースのモデルをチョイス!

ほんのり曲がるドロー系の球筋に憧れているゴルファーは多いですよね。けれど、曲がりが大きいフックはゴルフコースでは扱いづらい球筋です。フック回転の球はバックスピン量が少なく、どんどん前へと転がります。そのぶん曲げてしまうと強い球でゴロゴロと転がって、OBラインを越してしまう危険性がとても高くなるんです。

ゴルフを嗜んでいる方ならご存じだと思いますが、球が左に曲がるのは、インパクト時にヘッド軌道よりもフェースが左を向きすぎているからです。スイングには個人差があって、フェースが左を向いてしまう理由はさまざまですが、それをクラブで改善する方法はあります。もともとフェースの向きが右を向いているモデルや、ヘッドがターンしすぎないモデルを選んで使えばいいんです。

それに該当するのが、プロや上級者向けに開発されているドライバーです。たとえアマチュアでも左曲がりの球を打ちたくないフッカーは、プロユースのドライバーを使いましょう。ただし、ひとつ注意点があります。

スピン量が少なすぎるドロップ球に注意!

一般的にスイング軌道がインサイド・アウトのフッカーは、ヘッドが低い位置からインパクトを迎えるので、スピン量が少なくなるのが特徴です。なおかつインパクトでフェースが閉じ気味(クローズ)になると、これがさらにスピン量を少なくする要因にもなります。

ひと昔前まで、ドライバーで飛ばすためにはドロー回転を掛けてスピン量を少なくして、球の吹け上がりを防ぐ必要がありました。けれど、最新のドライバーはどれも低スピン性能を備えていて、普通にストレート弾道やフェード弾道を打っても、スピン量が多くなりすぎいないように設計されています。わざわざドローを打たなくても飛ばせるのが、現代のドライバーとも言えます。

しかし、そんな最新ドライバーの影響を受けて、アマチュアのフッカーのなかには、球が上がらない、スピンが少なすぎて失速(ドロップ)してしまう、というゴルファーが多く見受けられるようにもなりました。

プロユースのドライバーは、そもそもヘッドスピードの速いゴルファー向けに設計されています。フックを防ぐように設計されているのに加えて、パワーヒッターが叩いても飛ばせるように超・低スピン性能にもなっています。つまり、ヘッドスピードがそれほど速くないアマチュアのフッカーが使うと、横方向(曲がり)は補正されても、縦方向(高さ)に悪影響を及ぼす場合があるんです。フッカーがプロユースのドライバーを使つときにいちばん注意すべきことは、低スピンすぎて前への推進力がなくなり、飛ばせなくなること。また、たとえドロップしなくても、低スピンすぎる球は弾道が不安定になってフェアウェイをキープしづらくもなるんです。

フッカーのゴルファーで、球が上がりすぎて困っているアマチュアはほとんどいません。最大限に球を飛ばせる適正弾道を得るためには、無理せずに大きめのロフト角を選んでおくのがベターです。モデルによっても異なりますが、フッカー向けドライバーのスタンダードなロフト角は、10.5度と考えておいていいでしょう。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop