「空気を羽織るような柔らかさ」デザインワークスのダブルフェイスジャケット【名作予報】

Facebook
Twitter

"これは絶対名作になる!"というヒット確実な名作の"たまご"たちを編集部員が徹底討論。

手縫いで際立つ素材本来の和らぎ

デザインワークスのダブルフェイスジャケット
各13万8000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)


ステッチのあたりがなく柔らか

ステッチのあたりがなく柔らか

生地端を毛抜き合わせで縫うことで際のステッチを排し、生地のドレープ感を生む。芯材も極力排除し、カーディガン感覚でふわっと着られる。ウール50%、シルク30%、カシミヤ20% 



高度な毛抜き合わせがクリーンな表情を生む

橋本 橋本 表と裏に別々の生地を貼り合わせたダブルフェイス生地ですね。それにしても生地端の処理が綺麗。ステッチが全然見えません。


田上 田上 "毛抜き合わせ"という二枚の生地を縫い合わせ、端の部分を隠す特殊縫製で仕立てているからね。コートでは見かけるけど、曲線が多いジャケットでは至難の業。

橋本 橋本 着心地も空気を羽織るような柔らかさ。あ、内側の見返し端部分もきれいに手まつりだ。腕のいい工房が手掛けていそうです。


田上 田上 多くの有名メゾンを顧客に持つ、EU圏の実力派ファクトリーが担当しているそうだよ。

橋本 橋本 どこかヨーロッパ的な洗練を感じるのはそのせいかな。


田上 田上 丸いシルエットもいいよね。ゆったりしたサイズ感も今の気分。

橋本 橋本 なんとなくパリの芸術家が羽織っていそうな雰囲気も。


田上 田上 キミはいつもガチガチなジャケットばかりだけれど、秋口には、こういう肩肘張らずに洒落て見える一着もいいんじゃない?

橋本 橋本 本気で欲しくなりました。


Brand History DESIGNWORKS
1995年にロンドンでスタート。イギリスの正統派クラシックとモードが融合した、上質な仕立てと新鮮な感覚の服を提案する。

お問い合わせ先

デザインワークス ドゥ・コート銀座店
TEL:03-3562-8277



※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2018年10月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop