「日本橋でランチ or ディナー」、たまに夫婦2人で行くならこんなお店3選

Facebook
Twitter

アフターファイブ
夫婦水入らずの日本橋ディナー

たまには仕事を早く切り上げ、平日の夜を夫婦の時間に。いつもよりお洒落をして、あえて「待ち合わせ」して出かけてみる。そんな恋人時代のような夫婦デートを愉しむのに、日本橋は最適の街。まずはアフターファイブに夫婦で過ごしたい、おすすめスポットをご紹介。

夫婦水入らずの日本橋ディナー
男性:ジャケット27万円、パンツ7万1000円、ニットポロ7万1000円、チーフ1万5000円、靴8万2000円/以上ダンヒル(ダンヒル)
女性:ニット15万5000円、スカート20万円、スカーフ1万7000円、靴9万5000円/サルヴァトーレ フェラガモ(フェラガモ・ジャパン)

LA BONNE TABLE

夫婦水入らずの日本橋ディナー

目の前で供される信頼の味
仏語で「美しい食卓」の意味を店名に持つフレンチレストラン。西麻布の名店「レフェルヴェソンス」でスーシェフを務めた中村和成シェフが、季節の食材にこだわった安心で美味なお料理を届けます。

LA BONNE TABLE

住所:東京都中央区日本橋室町2-3-1COREDO室町2-1F
TEL:03-3277-6055
営業時間:ランチ11時30分~15時(13時30分LO)ディナー18時~23時(21時30分LO)
定休日:不定休

<strong>職人の豪快な粋がつまったボリューム丼</strong><br/>
日本橋に本店を構える天丼専門店。独特の店名は、創業者である金子真也さんの祖父であり、和食界の重鎮だった金子半之助に由来しています。天ぷら職人としても高名だった祖父のレシピ集「閻魔帳」に書かれた秘伝の江戸前の丼たれを忠実に再現し、「粋で豪快で手頃な天丼を」という半之助の想いを伝える一杯は、行列に並んでも食べたい絶品として人気を博しています。ボリューム満点のメニューを1000円以下でカジュアルに愉しめる名店です。

職人の豪快な粋がつまったボリューム丼
日本橋に本店を構える天丼専門店。独特の店名は、創業者である金子真也さんの祖父であり、和食界の重鎮だった金子半之助に由来しています。天ぷら職人としても高名だった祖父のレシピ集「閻魔帳」に書かれた秘伝の江戸前の丼たれを忠実に再現し、「粋で豪快で手頃な天丼を」という半之助の想いを伝える一杯は、行列に並んでも食べたい絶品として人気を博しています。ボリューム満点のメニューを1000円以下でカジュアルに愉しめる名店です。

メニューは「江戸前天丼」(980円)のみで、毎朝仕入れる新鮮な穴子、海老、烏賊を高温で揚げて豪快に盛り付けた、見た目にもボリューム満点な逸品。胡麻油で揚げた香ばしい江戸前天ぷらはもちろん、秘伝の丼たれとトロトロの半熟玉子が絡まったご飯もたまらない美味しさ。

メニューは「江戸前天丼」(980円)のみで、毎朝仕入れる新鮮な穴子、海老、烏賊を高温で揚げて豪快に盛り付けた、見た目にもボリューム満点な逸品。胡麻油で揚げた香ばしい江戸前天ぷらはもちろん、秘伝の丼たれとトロトロの半熟玉子が絡まったご飯もたまらない美味しさ。

<strong>風情ある店内で天ぷら蕎麦のルーツを</strong><br/>
5代目がのれんを守る、明治2年(1869年)から続く蕎麦屋。「天ざる」、「天もり」発祥の店としても有名です。青柳の小柱と芝海老のかき揚げを予め浸した温かいつけ汁に、蕎麦をくぐらせる食し方は、天ぷら蕎麦を暑い夏でも美味しく食べられるようにと同店が考案したもの。粒子の細かい更科粉で打ったざる蕎麦は、ほのかな香りと甘みがあり、そののど越しは絹のよう。蕎麦通が足繁く通うこだわりの蕎麦を、ぜひご堪能ください。

風情ある店内で天ぷら蕎麦のルーツを
5代目がのれんを守る、明治2年(1869年)から続く蕎麦屋。「天ざる」、「天もり」発祥の店としても有名です。青柳の小柱と芝海老のかき揚げを予め浸した温かいつけ汁に、蕎麦をくぐらせる食し方は、天ぷら蕎麦を暑い夏でも美味しく食べられるようにと同店が考案したもの。粒子の細かい更科粉で打ったざる蕎麦は、ほのかな香りと甘みがあり、そののど越しは絹のよう。蕎麦通が足繁く通うこだわりの蕎麦を、ぜひご堪能ください。

日本橋室町の路地にのれんを掲げる、風格ある店構え。純和風の落ち着いた店内は、坪庭を眺めながら蕎麦を愉しめる1階の窓際の席が特等席。元祖「天ざる」(1600円)は一度は食べたい逸品です。

日本橋室町の路地にのれんを掲げる、風格ある店構え。純和風の落ち着いた店内は、坪庭を眺めながら蕎麦を愉しめる1階の窓際の席が特等席。元祖「天ざる」(1600円)は一度は食べたい逸品です。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop