矢部克已の「ニッポン、いい店(ショップ)いい工場(ファクトリー)#10」静岡 - プロフェソーレ・ランバルディ

Facebook
Twitter

「キートン」や「アットリーニ」に袖を通すのは服好き。「チャルディ」や「パニコ」を知っているのは服のマニア。もし、「ピッチリッロ」や「ボルボニカ」を愛用しているなら、相当なナポリ仕立ての通である。ナポリの服だけに絞り込んだ、オーダーメイド専門の優雅な空間が静岡にある。

プロフェソーレ・ランバルディ
店内はアンティークの家具に満たされ、ナポリの古い風景画やランバルディ教授の写真などが壁一面に飾られている。少し雑然とした店の雰囲気が、いかにもナポリらしい空間を作っている。

今月のいい店(ショップ)
静岡県 - プロフェソーレ・ランバルディ

矢部克已さん

教えてくれる人
ファッションジャーナリスト
矢部克已さん

メンズファッション誌編集部を経て渡伊。本国の服飾文化を吸収して帰国。ピッティ・ウォモを欠かさずに取材。常に「ファッションの現場」が気になるいま、この連載に力を込める。

ナポリという文化を通して仕立て服の楽しみを伝える

一日、多くてもふたりの接客。サロンのような寛ぎの部屋

南イタリア・アマルフィの一画を思わせる、こぢんまりとした迷路のような白い建物。その2階の一室に向うとプッチーニのオペラが聞こえてきた。インターネットで探し当てた「プロフェソーレ・ランバルディ」を訪ねた。

【ブログ】

「プロフェソーレ・ランバルディ」のホームページにアクセスすると、夥しいブログに驚く。2017年1月20日に第1弾をアップ。"ナポリでもアットリーニは人気なのか?"というお題だ。以降ブログは、ナポリ仕立てやサルトリアの個性などが頻繁に綴られ、グイグイと読み込ませる。

【人物】

オーナーは大橋楓也(ふうや)氏。高校卒業後に訪れて感動したナポリの文化と、それまで仕事にしていたブログやデザインを合致させれば、満足できる仕事になるだろうと、'17年、まだ23歳の時にオープンした。

<b>Good Owner!</b>
<hr style= 1993年生まれの大橋氏。「チャルディ」のジャケット着用のシンプルなスタイル。ブログで自身の着こなしも披露する。"/>

Good Owner!
1993年生まれの大橋氏。「チャルディ」のジャケット着用のシンプルなスタイル。ブログで自身の着こなしも披露する。

<b>Nice Archive!</b>
<hr style= 宿泊したB&Bのオーナーから譲り受けたランバルディ教授愛用のアイリッシュリネンのジャケットを店内に展示。ヴィンツェンツォ・アットリーニの仕立てに心酔したといわれる、名サルトのウーゴ・マッサの仕立てだ。白衣を着た人物が伝説の医学教授、ランバルディ氏。"/>

Nice Archive!
宿泊したB&Bのオーナーから譲り受けたランバルディ教授愛用のアイリッシュリネンのジャケットを店内に展示。ヴィンツェンツォ・アットリーニの仕立てに心酔したといわれる、名サルトのウーゴ・マッサの仕立てだ。白衣を着た人物が伝説の医学教授、ランバルディ氏。

店内を飾る生地棚。ビンテージを含め、服好きの琴線に触れる味のある生地が目立つ。柄物はすべてナポリで入手。無地は、日本で仕入れたものも用意。ランバルディ教授が愛用した、手前のネイビージャケットが象徴的だ。

店内を飾る生地棚。ビンテージを含め、服好きの琴線に触れる味のある生地が目立つ。柄物はすべてナポリで入手。無地は、日本で仕入れたものも用意。ランバルディ教授が愛用した、手前のネイビージャケットが象徴的だ。

日本ではこの店だけで展開される「ピッチリッロ」の仕立て服。素朴な風合いに巧みな技が潜むシングルのジャケットで、肩入れの感じは抜群だ。3 ~ 4 ヶ月で仕上げるMTMの他、仮縫い付きのオーダーメイドも展開する。

日本ではこの店だけで展開される「ピッチリッロ」の仕立て服。素朴な風合いに巧みな技が潜むシングルのジャケットで、肩入れの感じは抜群だ。3 ~ 4 ヶ月で仕上げるMTMの他、仮縫い付きのオーダーメイドも展開する。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop