千賀ノ浦部屋の千秋楽パーティへ。親方が美声を披露!

Facebook
Twitter
sumo_0.jpg
日本相撲協会に所属する「千賀ノ浦部屋」を応援する不定期コラム
1月場所の千秋楽パーティを兼ねた「新生千賀ノ浦部屋披露会」

千賀ノ浦部屋を応援するコラムの第2回は、1月場所の千秋楽パーティを兼ねた「新生千賀ノ浦部屋披露会」のレポートをお届けます。パーティの様子をレポートする前に、少し1月場所をふり返ります。

第1回のコラムはこちら

千秋楽の結びの一番、貴景勝対豪栄道の取組

1月場所は14日目を終えて関脇・玉鷲が12勝2敗、関脇・貴景勝が11勝3敗。貴景勝が初優勝した先場所に続いて、最後まで優勝争いが続く展開となったので、両国国技館は大変な盛り上がりだったでしょう。

結果は......先に土俵に上がった玉鷲が遠藤を突き落として優勝を決めました。結びの一番の前に貴景勝は優勝の可能性がなくなりました。そして結びの一番、貴景勝対大関・豪栄道の取組。私はパーティへ向かう車の中でこの取組を観ていましたが、豪栄道が押し出しで貴景勝を破りました。

32歳の豪栄道と22歳の貴景勝は相撲の名門・埼玉栄高校の先輩・後輩の関係です。豪栄道が大関として、また高校の先輩としての意地を見せたように思います。「そう簡単に大関にはさせないよ」と......。貴景勝は相当悔しい思いをしたでしょう。

貴景勝は11勝4敗で初の技能賞を獲得。大関昇進の目安となる、直近3場所で計33勝となりましたが審判部による協議の結果、大関昇進は見送りとなりました。

ちなみに玉鷲の34歳2か月での優勝は、年6場所制になった昭和33年以降で史上2番目の年長優勝とのこと。さらに初優勝を飾ったその日に、第二子が誕生したというから驚きです!

髷にハサミを入れる貴ノ富士(奥)

髷にハサミを入れる貴ノ富士(奥)

髷にハサミを入れる舛乃山(奥)

髷にハサミを入れる舛乃山(奥)

舛天隆の肩に手を添える同期で同学年の隆の勝。舛天隆は隆の勝の付き人でもありました

舛天隆の肩に手を添える同期で同学年の隆の勝。舛天隆は隆の勝の付き人でもありました

止めバサミを行う千賀ノ浦親方

止めバサミを行う千賀ノ浦親方

人生の門出に熱いエールを送った薬師寺副執事長・大谷徹奘さん(右)、涙を流す舛天隆(中)

人生の門出に熱いエールを送った薬師寺副執事長・大谷徹奘さん(右)、涙を流す舛天隆(中)

髪を整え、スーツに着替えて再登場した舛天隆。スーツ姿もいいですね!

髪を整え、スーツに着替えて再登場した舛天隆。スーツ姿もいいですね!

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Jun. VOL.302月号

2019

Jun. VOL.302

6

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop