手は口ほどにモノを言う「 グランドセイコー SBGH201」

Facebook
Twitter

手腕、手練、上手、敏腕など、賞賛の意を込めた手や腕に関する成句は多い。手は体の重要な一部であり、手元の主張は時に言葉以上の説得力をもつ。ゆえに自らのキャラクターを表すメッセージとしての意思ある時計選びが重要となるのだ。

グランドセイコー
男の魅力を代弁する腕時計

今月の代弁する、人となり

方正謹厳、篤実温厚──常に真摯に仕事に勤しみ、誠実であり律儀。人当たりの良い温厚な見た目の内には、確かな実力を秘めている。シンプルさと上質さとが両立する腕時計が、そんな真面目な印象を高める。

シンプルにして美しく上質、日本の美徳を表す腕時計

ネクタイをギュッと締め直し、商談に臨む。シャツとネイビーのスーツは、いずれも端整。紺色のネクタイも、同様である。色数とディテールを抑えたミニマルな着こなしは、日本人が美徳とする誠実さや実直さを表す。そんな印象を、国産腕時計の最高峰グランドセイコーがより高めてくれる。

選んだのは、スタンダードな中3針+日付表示の自動巻き「SBGH201」。シンプルで美しい外観は、時間が見やすく正確で、長く使えることを信条とするセイコースタイルを確立した1967年誕生の名作44GSの姿の踏襲である。

シンプルなネイビースーツが、生地の艶感や光沢で上質であることを告げるのと同じ。このモデルも、完璧な鏡面に仕上げられたベゼル、それと連続する二次曲面で構成されたケース、多面カットの植字インデックスと針といったグランドセイコーのドレスコードが、シンプルな外観に上質な美を与えている。

内包するムーブメントは、毎時3万6000振動で高精度を得たメカニカルハイビート。これもまた、時間に正確な日本人の美徳にかない、堅実で正直なイメージを演出する。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Mar. VOL.299月号

2019

Mar. VOL.299

3

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop