IWCが世界のビジネスマンに支持されるワケは?

Facebook
Twitter

IWCの志向、先進性と丁寧なものづくり精神を追求

IWCの時計がビジネスマンに支持される理由はものづくりの姿勢にあった

とどまることなく受け継がれてきた"革新"

ライン河畔のスイス・シャフハウゼンの地に、インターナショナル・ウォッチ・カンパニー(略称IWC)が設立されたのは1868年のこと。スイスの時計ブランドとしては珍しくドイツ語圏にあり、その風土を反映した質実剛健で機能美を追求するスタンスを150年にわたり貫いてきた。

腕時計が、懐中時計に取って変わり始める1930年代には「パイロット・ウォッチ」「ポルトギーゼ」、'50年代には耐磁時計「インヂュニア」、'60年代にはダイバーズ・ウォッチの先駆けとなる「アクアタイマー」、'69年には画期的なクォーツ搭載モデル「ダ・ヴィンチ」など、現在のコレクションに繋がる傑作を発表していく。

関連記事:IWCの時計、買うならどのタイプ?

戦後のIWCでは、技術責任者のアルバート・ペラトンが、双方向巻き上げのペラトン・システムはじめ、さまざまな技術革新を実現。その後輩にあたる時計師クルト・クラウスが、クォーツ・ショックからの復興期の'85年に「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー」を完成させたことは、時計史に刻まれている。

革新のスピリットと真摯なものづくりのスタンスを受け継ぎながら、150周年を機に新ファクトリーも完成させ、IWCはますます充実の時を迎えている。

50年間変わらぬスピリット
創業者のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ
創業者のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ。ボストン出身でアメリカ向けの懐中時計製造拠点を求め、ライン河畔のスイス・シャフハウゼンの地でIWCを創業。
1893年当時の社屋を描いた版画
1893年当時の社屋を描いた版画。煙突からの煙が、蒸気機関と暖房システムの存在を示している。


真摯なもの作りのスタンスを貫く

緻密に組み上げられたコンプリケーション・ムーブメント
緻密に組み上げられたコンプリケーション・ムーブメントは、IWCの技術力を雄弁に物語るものだ。
往年のファクトリー内の様子
往年のファクトリー内の様子を伝える1枚。最終検品の工程に、これだけの人数が従事していた。生産規模の大きさが窺える。


[MEN'S EX 2019年1月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)

関連記事:「それ、どこの時計ですか?」と絶対聞かれるブランドウォッチ11選

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Feb. VOL.298月号

2019

Feb. VOL.298

2

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop