矢部克已の「ニッポン、いい店(ショップ)いい工場(ファクトリー)#6」山形 - 宮城興業

Facebook
Twitter

大量生産で利益を上げる仕組みが、靴メーカー王道の経営である一方で、昨今、人気のある巧みな靴づくりを駆使したブランドは、いわば"量の呪縛"から逃れ、さらに品質を追求する。長年靴づくりを続けてきた名工場は、自社ブランドを立ち上げ、本物志向の道を選んだ。

宮城興業

今月のいい工場(ファクトリー)
山形 - 宮城興業

矢部克已さん

教えてくれる人
ファッションジャーナリスト
矢部克已さん

メンズファッション誌編集部を経て渡伊。本国の服飾文化を吸収して帰国。ピッティ・ウォモを欠かさずに取材。常に「ファッションの現場」が気になるため、この連載に力を込める。

1960年代に英国名門、バーカー社と技術提携を結んだ、東北の「名靴」

"謹製誂靴"も打ち出し、靴づくりの本質に迫る

JR赤湯駅でタクシーに乗り、行き先を伝えると、「あの素晴らしい靴をつくるところですか。わしらには手が出んわ(笑)」。地元ではそんな評判である。約10分後、工場に着いた。

【歴史】

1941年に創業し、'52年に会社を設立した「宮城興業」。いまでは靴好きの間ではちょっと知られた巧みな靴のつくり手だ。現社長、高橋和義氏の祖父が創業者。宮城県石巻の海産物店の息子であった祖父は、酒や食料品、ゴム長靴の販売を経て、軍靴をつくる工場を起業。それが前身の「宮城工業」である。先の大戦を機に現在の山形に移転。社名を改めた。

宮城興業4代目社長の高橋さん(写真2点)

<b>Good Owner!</b>
<hr style= 2001年、4代目社長に就任した高橋さん。1980年代半ばに、英国バーカー社で技術研修を積んだ。「宮城興業」を改革に導いた辣腕の経営者である。"/>

Good Owner!
2001年、4代目社長に就任した高橋さん。1980年代半ばに、英国バーカー社で技術研修を積んだ。「宮城興業」を改革に導いた辣腕の経営者である。

宮城興業(山形県南陽市宮内2200)

宮城興業(山形県南陽市宮内2200)

ベテラン職人による素早い出し縫いの作業。

ベテラン職人による素早い出し縫いの作業。

裁断した甲革の切り口を染めるほか、コバも綺麗に塗る。仕上げは実に丁寧だ。

裁断した甲革の切り口を染めるほか、コバも綺麗に塗る。仕上げは実に丁寧だ。

マシンを使ったピンキングの裁断。女性と男性の職人を適材適所に配置。

マシンを使ったピンキングの裁断。女性と男性の職人を適材適所に配置。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop