【韓国紳士の東京リー散歩】~Lee's Tokyo Walk #Prologue~

Facebook
Twitter

韓国のブロガー、ハン・リー氏が綴る新連載「Lee's Tokyo Walk」スタート!

voice_181016_hanley_01.jpg
©streetper

『Il gusto de Signore』(イタリア語で、「紳士の趣向」の意)と題したファッションブログが人気になり、韓国ではファッションに関する著書も執筆する韓国・ソウル出身のファッションブロガー兼ジャーナリストのハン・リー氏。日本のショップやファッションも大好きなリー氏が、自身の目線で東京のヒト・コト・モノの魅力を語る「韓国紳士の東京・リー散歩~Lee's Tokyo Walk~」がスタートする。まずは、この連載を始めるにあたり、リー氏の抱負を語ってもらった。

Because I love"Tokyo Walk"......

Which city do you think is the most important for menswear? Is it the sacred city of tailoring, Naples? Is it the city of peacocks, Florence? Or is it the capital of traditional menswear, London, with its roots in Savile Row? As meaningful as these cities are, I would choose another, and that city would be Tokyo.

紳士服において重要な都市を選ぶとしたら、どの都市が最初に浮かびますか? イタリアンテーラーリングの聖地のナポリでしょうか? それともPitti Uomoが開かれるフィレンツェ? あるいは、紳士服の発祥の地、Savile Rowがあるロンドン...? これらすべての都市も大きな存在意義を持ちますが、それでも私は、ひとつ選ぶなら違う都市、すなわち「東京」を選ぶでしょう。

With its offerings of traditional craftsmanship and logical distribution systems, everyone would agree that Tokyo is Heaven for shopping. Not only are there the big name select shops such as BEAMS and United Arrows, but there are thousands of other stores with long histories of offering menswear in an educated and proper manner.

このすべての都市の存在感にも関わらず日本人たちの武骨な執着心である職人精神と合理的な流通システムを通じて、 紳士服の魅力的なグローバルマーケットとして早熟し定着している都市トーキョーを選ぶのに反対する人は誰もいないと思います。 ビームスやユナイテッドアローズのようなビッグネームのセレクトショップだけでなく、そしてそれらの影響を受けて、メンズウェアの歴史や着こなし方を成熟させてきた数え切れないほどのショップが東京にはあります。

Besides these retail stores, there are magazines such as MEN'S EX in which style mentors provide detailed information about materials, the history of menswear and how to wear it.

What other factors does Tokyo have? The artisans who stubbornly concentrate on their work, and most importantly the customers who shop and buy to maintain their elegant style.

これらたくさんのセレクトショップとともに、メンズウェアの歴史や、その着こなし方、素材に関する情報など、多彩なディテールを教えてくれたメンズファッションの教科書であるMEN'S EXの存在があります。 東京には、他にどんな要素があるでしょうか? メンズファッションに関わる職人たちが集中して作り上げた完成度の高い仕事、そして一番重要なのは、これらのツールを基に、自身のエレガントなスタイルを築いてきた消費者たちの存在です。

As for me, it only takes a two hour flight from my town Seoul, Korea to Tokyo. I have a very good reason to visit this close but distant city quite frequently, so have wanted to use this opportunity to write some articles for a column called Style Textbook in the Men's EX online magazine. The stories will cover precious shopping spots and the people who have developed their profession in those places.

 私にとってソウルから東京というのは、飛行機でたった2時間の旅。それは、一見遠いようで実はとても近いこの東京の地を訪れる、素敵な理由です。 だから私は、たびたびこの地を訪れ、私の大好きな都市・東京での発見を、メンズファッションの教科書でもあるMEN'S EX ONLINEで、自分の「スタイルブック」的なコラムとして書きたいと思いました。このコラムでは、私が東京で出会った素晴らしい買い物体験や、ヒト、場所などを紹介していきたいと思っています。

From now on, I am going to introduce some loveable shopping spots . I hope you fall in love with the charming shopping places and the enlightened professionals who work there. The concept of this column will be stories about menswear from the various corners of Tokyo, as experienced by a garment lover from a neighbouring country.

というわけで、これから、私、韓国紳士が愛して止まない東京のメンズのための大人のショッピング空間を紹介します。 東京人ではないけれどいち早くこの都市の魅力にとりつかれた一人の紳士服の愛好家が紹介する東京の隅々、 そしてメンズファッションカルチャーを輝かせてきた紳士服の専門家たちとの対談を通して、 素敵な隣国の都市、東京の魅力に酔いしれてみてください。

Hun Lee
A blogger and author of several books about menswear, based in Seoul, Korea. Runs a blog titled, "Il Gusto del Signore (A Gentleman's Taste) for more than ten years Hun Lee is also working for the largest and oldest global fabric firm, Vitale Barberis Canonico, as an ambassador to the Korean market. He visits Tokyo every two months for consultation work for the Italian company, Grady S.R.L.

「韓国紳士」ハン・リー
韓国生まれ。 雑誌文化が日本のように発達してない韓国で紳士服の美しさと優雅な着方を含めた メンズの趣向に関する情報ブログ「Il Gusto del Signore(紳士の趣向)」を通じて知られたブロガーで作家、コラムニスト。イタリアの老舗生地メーカーであるヴィターレ・バルベリス・カノニコ(Vitale Barberis Canonico)の韓国広報大使も担当。また、日本に親会社があるイタリア「Grady S.R.L.」の韓国アンバサダーとして2か月に一度、東京を訪問する。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop