【ファッション履歴書】エル.アイ.エス代表 坂戸典之さんの場合

Facebook
Twitter
お洒落なあの人のファッション履歴書

メンズファッション業界にはお洒落なだけでなく、とても個性的な生き方をしている人がたくさんいる。この連載では、いま注目の業界人のファッション履歴を通じ、各人の人間的な魅力に迫ってみたい。

第十二回 エル.アイ.エス代表 坂戸典之さん

エル.アイ.エス代表 坂戸典之さん

Profile
坂戸典之さん/エル.アイ.エス代表

1971年横浜生まれ。学生時代にDCブーム、アメカジブームを経験し、21歳でシップスに就職。販売、バイイング、企画職を経験し、徐々にイタリア物の魅力に没頭することに。29歳でファッション系商社に転職し、のちに独立してギ ローバーのとともにエル.アイ.エスを設立。現在は同社代表を務め、人気のイタリアブランドを多数展開する。 着こなしの参考になればと、坂戸さんはご自身のスタイルをインスタグラムで発信中。 坂戸典之さんインスタグラム

社交的だった子ども時代

外国の方と並んでも見劣りしない立派な体型に無造作なヒゲ。一見すると力強そうな方に思えるが、話すまでもなく、すぐに笑顔を絶やさない朗らかな人柄が伝わってきた。気は優しくて力持ちを地で行く方と言おうか、貫禄たっぷりの坂戸さんに、まずは子供の頃の様子を聞いてみることに。

「スポーツも勉強もオールBで、なんでも浅く広くといった子ども時代でしたね。社交的で友人と遊ぶのが好き。そんな性格です」。

当時、夢中になっていたことを尋ねると収集癖があったそうで、ガンダムのプラモデルや、スーパーカー消しゴムを片っ端から買い集めていたという。きっと、50歳前後の読者なら、共感する方が多いのではないだろうか。

エル.アイ.エス代表 坂戸典之さん

お兄さんの影響でファッションの道へ

坂戸さんがファッションに目覚めたのは中学生時代。当初はリーバイスのジーンズに魅力を感じ、アメカジに興味を持つ一方、すぐに2歳年上のお兄さんの影響で、大流行していたDCブランドにも目覚めてしまった。

「家が横浜駅の近くでしたから、ビブレや伊勢佐木町のマルイにはよく行きましたね。当時はペイトンプレイス、アバハウスが好きで、少し後に『あぶない刑事』を見て、(衣装に使われていた)メンズティノラス、テットオムがカッコいい! と憧れて」。

28歳頃に購入したルイジ ボレッリが初めてタイを手掛けたときのコレクションの一本。今年はボルドー色が注目の色とあって、出番が多いとのこと。

28歳頃に購入したルイジ ボレッリが初めてタイを手掛けたときのコレクションの一本。今年はボルドー色が注目の色とあって、出番が多いとのこと。

15年前のギ ローバーのシャンブレーシャツ。既存の襟型と異なり、ミラノの人気店、アル・バザールが定番としていた襟型を採用した一枚だ。

15年前のギ ローバーのシャンブレーシャツ。既存の襟型と異なり、ミラノの人気店、アル・バザールが定番としていた襟型を採用した一枚だ。

シップスに勤務していたとき、創業20周年を記念して社員に贈られたモンブラン。

シップスに勤務していたとき、創業20周年を記念して社員に贈られたモンブラン。

「いまから17、18年ほど前の写真です。レザージャケットのブランド、サルフラで買い付けするものをピックアップしているときに撮影しました。足元に置いてあるのは、当時使っていたビルアンバーグのロケットバッグですね」。

「いまから17、18年ほど前の写真です。レザージャケットのブランド、サルフラで買い付けするものをピックアップしているときに撮影しました。足元に置いてあるのは、当時使っていたビルアンバーグのロケットバッグですね」。

シップスの40周年記念パーティにて。三浦義哲・シップス社長と記念撮影。

シップスの40周年記念パーティにて。三浦義哲・シップス社長と記念撮影。

15年前、仕事の合間にカプリ島へ。出張でも時間が許せば、観光も楽しむそう。

15年前、仕事の合間にカプリ島へ。出張でも時間が許せば、観光も楽しむそう。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年May VOL.301月号

2019

May VOL.301

5

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop