【ファッション履歴書】日本橋三越本店 紳士オーダーバイヤー 鏡 陽介さんの場合

Facebook
Twitter
お洒落なあの人のファッション履歴書

メンズファッション業界にはお洒落なだけでなく、とても個性的な生き方をしている人がたくさんいる。この連載では、いま注目の業界人のファッション履歴を通じ、各人の人間的な魅力に迫ってみたい。

第十回 日本橋三越本店 紳士オーダーバイヤー 鏡 陽介さん

日本橋三越本店 紳士オーダーバイヤー 鏡 陽介さん

Profile
鏡 陽介さん/日本橋三越本店 紳士オーダーバイヤー

1979年、東京生まれ。幼少期を英国、アメリカで過ごす。中学校時代にはラグビー、高校・大学時代は柔道部に所属していた。2002年に株式会社伊勢丹(現在の株式会社三越伊勢丹)に入社し、本配属以降はメンズウェア分野一筋。6年ほどでバイヤーに昇格し、2018年4月からは日本橋三越本店に異動し、オーダーメイド分野を中心に活躍中。最近は健康の為に、毎朝10kmのラン二ングを欠かさないスポーツマンである。

インターナショナルな幼少期を過ごす

太めのクラシックなメガネが印象的な鏡 陽介さん。温和な語り口や雰囲気とは裏腹に、学生時代からラグビー、柔道に打ち込んだ文武両道の雄々しい人物である。

鏡さんによると、インターナショナルなお父さんの転勤に伴い、2歳~6歳を英国・ロンドン、9歳~12歳をアメリカ・シカゴで過ごしたそうだ。

「子どものころは外で遊びまわっているタイプでした。海外に住んでいたときは、言語がわからないと思いながらも、それをネガティブに捉えていなかったですね」。

小学生の頃の日本橋三越本店 紳士オーダーバイヤー 鏡 陽介さん
'90年、シカゴのミシガン湖での記念撮影。

幼少期のファッションについて、思い出を尋ねると、お兄さんは与えられたものを何も言わず受け入れるのに、鏡さんは「これは着たくない!」と自己主張が強かったとのこと。 「母からは『面倒くさい子どもだったわよ』なんて言われました(笑)。私の息子が同じで『この服にこの靴は合わない』と主張するんです。親の私がそうだったからかな」と鏡さん。

幼い頃の日本橋三越本店 紳士オーダーバイヤー 鏡 陽介さん
ロンドン時代。表情からやんちゃな雰囲気が感じられる一枚だ。
ともにクロムハーツのリング。奥様と付き合い始めた記念日に購入したもの。2002年に右を購入し、翌年にシンプルな左のものを買い足した。

ともにクロムハーツのリング。奥様と付き合い始めた記念日に購入したもの。2002年に右を購入し、翌年にシンプルな左のものを買い足した。

ブライトリング スーパーオーシャン クロノグラフは結納返しとして贈られたもの。奥様が鏡さんに似合うものを選んでくれたこともあって、お気に入りの一品だ。

ブライトリング スーパーオーシャン クロノグラフは結納返しとして贈られたもの。奥様が鏡さんに似合うものを選んでくれたこともあって、お気に入りの一品だ。

左は某セレクトショップで購入した市松のバングル。普段は入浴でも外さずつけっぱなしにしている。結婚指輪(右)は奥様の希望でe.m.にオーダーメイドした。注文の際、鏡さんはお気に入りのバングル風に表面を叩いた仕上げにしてもらったのだ。

左は某セレクトショップで購入した市松のバングル。普段は入浴でも外さずつけっぱなしにしている。結婚指輪(右)は奥様の希望でe.m.にオーダーメイドした。注文の際、鏡さんはお気に入りのバングル風に表面を叩いた仕上げにしてもらったのだ。

代官山のアクセサリーショップで買ったもので、特にブランド名はなかった。と、思ったら、こちらを手掛けた職人が、のちに、ブランドを興し、鏡さんはMEN’S EXとの企画「10マスター、10テーラー」で同席することに。その場で「あれ? そのバングルは……。僕が作ったものですよ!」と、相手に教えられて驚いたそう。知名度に左右されず、いいものを見抜く力はさすが名バイヤーである。

代官山のアクセサリーショップで買ったもので、特にブランド名はなかった。と、思ったら、こちらを手掛けた職人が、のちに、ブランドを興し、鏡さんはMEN’S EXとの企画「10マスター、10テーラー」で同席することに。その場で「あれ? そのバングルは……。僕が作ったものですよ!」と、相手に教えられて驚いたそう。知名度に左右されず、いいものを見抜く力はさすが名バイヤーである。

レザー小物3点はすべてファーロ。「価格が適正で作りがいい」と鏡さん。長財布(上)は、日本円+海外通貨2種類のほか、パスポートも収まり、出張で手放せない。両研磨のファスナーなど丁寧なつくりも魅力だ。財布を持ち歩くのが好きではないため、普段は蛇腹のミニウォレット(左下)に小銭、交通系カード、ID、カードキーなどを収納している。カードケース(右下)は蛇腹で中に仕切りがないのが特徴。カードを収める際、レザーの折り目ごとに、すぐに必要な名刺とそうでないものを分けられて機能的だという。

レザー小物3点はすべてファーロ。「価格が適正で作りがいい」と鏡さん。長財布(上)は、日本円+海外通貨2種類のほか、パスポートも収まり、出張で手放せない。両研磨のファスナーなど丁寧なつくりも魅力だ。財布を持ち歩くのが好きではないため、普段は蛇腹のミニウォレット(左下)に小銭、交通系カード、ID、カードキーなどを収納している。カードケース(右下)は蛇腹で中に仕切りがないのが特徴。カードを収める際、レザーの折り目ごとに、すぐに必要な名刺とそうでないものを分けられて機能的だという。

手帳はミラノのヴァレクストラで購入したカバーに、中身はクオバディスを愛用。(左から)ペンはデルタ、ファーバーカステル、モンブラン、シェーファー。「店頭でお客様にお使いいただく場合に備え、ペンは2本必要。デジタル製品は電池が切れると、仕事ができなくなります。だから、スケジュール管理は紙が基本。出張でスケジュールが詰まっていると、充電をしているヒマなんてありません」。

手帳はミラノのヴァレクストラで購入したカバーに、中身はクオバディスを愛用。(左から)ペンはデルタ、ファーバーカステル、モンブラン、シェーファー。「店頭でお客様にお使いいただく場合に備え、ペンは2本必要。デジタル製品は電池が切れると、仕事ができなくなります。だから、スケジュール管理は紙が基本。出張でスケジュールが詰まっていると、充電をしているヒマなんてありません」。

「某クラシックなセレクトショップや人気のインポーターのショールームに漂う香りが好きで、生活の中でも非日常を感じたい」と最近は、サンタ マリア ノヴェッラの香水をつけているそう。

「某クラシックなセレクトショップや人気のインポーターのショールームに漂う香りが好きで、生活の中でも非日常を感じたい」と最近は、サンタ マリア ノヴェッラの香水をつけているそう。

ジャケット/オラツィオ ルチアーノ、シャツ/サンニーノ、パンツ/プリンツィ ペデレガンツァ、タイ/ノーブランド、チーフ/ブルックス ブラザーズ、メガネ/オリバー ピープルズ、シューズ/オールデン(すべて私物)。

ジャケット/オラツィオ ルチアーノ、シャツ/サンニーノ、パンツ/プリンツィ ペデレガンツァ、タイ/ノーブランド、チーフ/ブルックス ブラザーズ、メガネ/オリバー ピープルズ、シューズ/オールデン(すべて私物)。

ジャケットを持ち上げると、ディ アミコのキーチェーンがキラリ。

ジャケットを持ち上げると、ディ アミコのキーチェーンがキラリ。

オールデンのローファーはスエードで、リラックスした雰囲気に。

オールデンのローファーはスエードで、リラックスした雰囲気に。

クラシックな太めのアイウェアはすっかり、鏡さんのキャラクターの一部になっている。取材の日は、黒のオリバーピープルズを着用していた。

クラシックな太めのアイウェアはすっかり、鏡さんのキャラクターの一部になっている。取材の日は、黒のオリバーピープルズを着用していた。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop