【ファッション履歴書】リングヂャケット クリエイティブ DIV. マネージャー 奥野剛史さんの場合/後編

Facebook
Twitter
お洒落なあの人のファッション履歴書

メンズファッション業界にはお洒落なだけでなく、とても個性的な生き方をしている人がたくさんいる。この連載では、いま注目の業界人のファッション履歴を通じ、各人の人間的な魅力に迫ってみたい。

第七回 リングヂャケット クリエイティブ DIV. マネージャー 奥野剛史さん [後編]

>>[前編]はこちら

リングヂャケット クリエイティブ DIV. マネージャー 奥野剛史さん

Profile
奥野剛史さん/リングヂャケット クリエイティブ DIV. マネージャー

1975年大阪生まれ。大学生時代、大阪に初めてできたエディフィスにアルバイトとして働き始める。その後、同ショップを展開するベイクルーズに入社。数年後、独立し自身のショップをスタートするも、1年少々で店をクローズ。2004年にリングヂャケットに入社し、企画開発から広報まで幅広い分野で活躍する。

奥野さんをスナップ! 取材時の気になる装いをチェック(写真6枚)

いよいよリングヂャケットで働き始める

アルバイト時代を含めて、6~7年ほど経った頃、奥野さんは退社して自分のお店を大阪にオープンした。ビンテージのリー101、インコテックス、バルスターと高級靴など、古着も少し取り合わせた個性的なセレクトだ。評価は高かったが、なにしろ通好みなお店だったため、「友人の洋服屋しか買いに来ませんでした」と奥野さん。結局、お店は惜しまれつつ、1年と少々でクローズすることになってしまった。

次なる転機は2004年に訪れた。縁あってリングヂャケットに入社することになったのである。「良質なスーツやジャケットを作っている会社と言うイメージがありました。重衣料は好きでしたから、いいかなと思って。でも、今考えれば、何も知らずによく入社したなと思います」。

この頃、リングヂャケットは直営店を増やしつつある状態で、商品開発の強化が急務だった。生地の選定や買い付けは、2~3店舗あった各店の店長が行なっていたので、全体をまとめられる人材として奥野さんに白羽の矢が立った。といっても、入社直後の奥野さんは商品開発専任ではなく、朝、出社して出荷と掃除、仕分けを済ませると、昼はショップスタッフの昼休みの間の交代要員として1時間だけ店頭に立つ状態。

「会社にはバイヤーもプレスもいなかったので、バイヤー、プレス、企画となんでもやろうと思っていましたね。そのうち企画開発を会社から打診されました」。

20歳代前半、スキー場で撮影。「高校から大学時代はスキーに没頭していて、ファッション関係の仕事に就くか? スキー関連の仕事に就くか? と迷っていた時期もありました」。

20歳代前半、スキー場で撮影。「高校から大学時代はスキーに没頭していて、ファッション関係の仕事に就くか? スキー関連の仕事に就くか? と迷っていた時期もありました」。

こちらも20歳代前半の奥野さん。「スノーボードの人気がすごく出てきていた時代です。周りはほとんどスノーボード派なのに、なぜかスキーにハマってスノーボーダー達と一緒になってジャンプ台やハーフパイプに入り、滑っていました」。

こちらも20歳代前半の奥野さん。「スノーボードの人気がすごく出てきていた時代です。周りはほとんどスノーボード派なのに、なぜかスキーにハマってスノーボーダー達と一緒になってジャンプ台やハーフパイプに入り、滑っていました」。

エドウィーンウッドハウスの復刻生地で仕立てたリングヂャケットのスーツ。復刻にあたり、奥野さんが1954年のリングヂャケット創業当時のアーカイブのなかから生地を選んだ。

エドウィーンウッドハウスの復刻生地で仕立てたリングヂャケットのスーツ。復刻にあたり、奥野さんが1954年のリングヂャケット創業当時のアーカイブのなかから生地を選んだ。

タブカラーのシャツとタイはリング ヂャケット ナポリ。ともにナポリで作られたものだ。

タブカラーのシャツとタイはリング ヂャケット ナポリ。ともにナポリで作られたものだ。

1960年代のウィットナーのビンテージウォッチ。「成人式用のスーツを買うために親からもらったお金が、これになりました。当時、松本零士さんの漫画の中に手巻きのクロノグラフが登場して『俺が死んだら時計も止まる』みたいなセリフがあったのに憧れていたのです」。

1960年代のウィットナーのビンテージウォッチ。「成人式用のスーツを買うために親からもらったお金が、これになりました。当時、松本零士さんの漫画の中に手巻きのクロノグラフが登場して『俺が死んだら時計も止まる』みたいなセリフがあったのに憧れていたのです」。

パンツはベルトレスのサイドアジャスター仕様と通好み。

パンツはベルトレスのサイドアジャスター仕様と通好み。

2018年春夏からスタートしたブランド、テツオ ムネのモンクストラップ。奥野さんがいま非常に注目しているビスポークシューズブランドだ。

2018年春夏からスタートしたブランド、テツオ ムネのモンクストラップ。奥野さんがいま非常に注目しているビスポークシューズブランドだ。

スーツの生地は、写真のエドウィーンウッドハウスのアーカイブの生地見本のなかから選んだものを復刻。

スーツの生地は、写真のエドウィーンウッドハウスのアーカイブの生地見本のなかから選んだものを復刻。

イラストを描いているのは、これまでにも数々の著名ブランドにイラストを提供してきた、英国在住のイラストレーター、ミスター スローボーイ。1万2000円(税抜き)。

イラストを描いているのは、これまでにも数々の著名ブランドにイラストを提供してきた、英国在住のイラストレーター、ミスター スローボーイ。1万2000円(税抜き)。

イラストはミスター スローボーイが、リングヂャケットのスタッフだったら……をテーマに描かれている。1万2000円(税抜き)。

イラストはミスター スローボーイが、リングヂャケットのスタッフだったら……をテーマに描かれている。1万2000円(税抜き)。

ポップでファッショナブルなイラストは必見。1万2000円(税抜き)。

ポップでファッショナブルなイラストは必見。1万2000円(税抜き)。

展開されるのは非売品1種類を含め、全5種類。1万2000円(税抜き)。

展開されるのは非売品1種類を含め、全5種類。1万2000円(税抜き)。

大阪の地図に名所のイラストを添えたものも準備中。こちらは今年10月、グランフロント大阪にリングヂャケットが新たにオープンするのを記念した非売品。ノベルティとして数量限定で用意される。 ※本品はオープニングのスナップイベント参加者にプレゼントされる。

大阪の地図に名所のイラストを添えたものも準備中。こちらは今年10月、グランフロント大阪にリングヂャケットが新たにオープンするのを記念した非売品。ノベルティとして数量限定で用意される。 ※本品はオープニングのスナップイベント参加者にプレゼントされる。

胸に挿すと、柄の見せ方によって、いろいろな表情が楽しめるのも魅力だ。

胸に挿すと、柄の見せ方によって、いろいろな表情が楽しめるのも魅力だ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop