【ファッション履歴書】リングヂャケット クリエイティブ DIV. マネージャー 奥野剛史さんの場合/前編

Facebook
Twitter
お洒落なあの人のファッション履歴書

メンズファッション業界にはお洒落なだけでなく、とても個性的な生き方をしている人がたくさんいる。この連載では、いま注目の業界人のファッション履歴を通じ、各人の人間的な魅力に迫ってみたい。

第七回 リングヂャケット クリエイティブ DIV. マネージャー 奥野剛史さん [前編]

リングヂャケット クリエイティブ DIV. マネージャー 奥野剛史さん


Profile
奥野剛史さん/リングヂャケット クリエイティブ DIV. マネージャー

1975年大阪生まれ。大学生時代、大阪に初めてできたエディフィスにアルバイトとして働き始める。その後、同ショップを展開するベイクルーズに入社。数年後、独立し自身のショップをスタートするも、1年少々で店をクローズ。2004年にリングヂャケットに入社し、企画開発から広報まで幅広い分野で活躍する。

MEN'S EXでもおなじみの業界人が、リングヂャケットの奥野剛史さん。紳士服の仕立てはもちろんのこと、生地についても非常に見識の深い方なので、物静かでトラッド一筋の方と勝手なイメージを持っていた。ところが、若いころからのファッション遍歴をうかがうと、かなり破天荒な人物とわかり、イメージとのギャップが面白いことこのうえないのだ。

リングヂャケット クリエイティブ DIV. マネージャー 奥野剛史さん

周囲とはちょっと違った漫画好きの少年時代

聞けば実家は寿司屋さん。特に子供のころはファッションに関心があったわけでもなく、趣味は漫画だったそうだ。「今は家業がいいなと思えるようになりました。でも、子どもの頃はいつも親が家にいるし、手伝いもさせられてイヤだなと思っていました。友達は遊びに行けるのに、私は家に帰ると盛り付けや配膳、出前の食器の引き取りなどをしなくてはいけませんから」。

なかなか外に遊びに出かけられない奥野さんの楽しみは家で漫画を読むこと。漫画好きのお父さんのおかげで自宅には大量の漫画があり、「漫画喫茶ができるくらいの量でした」と奥野さんは笑う。

「当時のお気に入りですか? へそまがりだったからでしょうか。『伊賀の影丸』、『秘密探偵JA』、『ワイルド7』など、周囲とは違う風変わりなものが好きでしたね。中学のころも、漫画を読んだり、家で空想したりするのが好き。ダサかったと思います(笑)」。

今も現役のネイビーのジェイエムウエストンのローファー。「エディフィスに勤務時代、『フレンチファッションには必須!』と周囲に言われ、その気になって買った一足です。昼食代を削って、お金をためて昼休みに買いに行きました。ジェイエムウエストンの人に昼は足がむくむから夕方に出直すように言われて、そのとおりにしたんですよ(笑)」

今も現役のネイビーのジェイエムウエストンのローファー。「エディフィスに勤務時代、『フレンチファッションには必須!』と周囲に言われ、その気になって買った一足です。昼食代を削って、お金をためて昼休みに買いに行きました。ジェイエムウエストンの人に昼は足がむくむから夕方に出直すように言われて、そのとおりにしたんですよ(笑)」

「スタプレ」の愛称で知られる、リーバイスのステイ・プレスト。「ヨーロッパ製で、アメリカ物とは一味違う洒落っ気が気に入っていました」。

「スタプレ」の愛称で知られる、リーバイスのステイ・プレスト。「ヨーロッパ製で、アメリカ物とは一味違う洒落っ気が気に入っていました」。

スタプレの品質非表示にはメイド イン イタリーの文字が。

スタプレの品質非表示にはメイド イン イタリーの文字が。

1990年代後半から2000年代初頭頃に神戸の古着屋で買ったデッキジャケット。1940年代のビンテージだ。

1990年代後半から2000年代初頭頃に神戸の古着屋で買ったデッキジャケット。1940年代のビンテージだ。

19歳のとき、初めての海外旅行でアトランタに「アメリカに留学していた友人のところに1週間ほど滞在しました」。

19歳のとき、初めての海外旅行でアトランタに「アメリカに留学していた友人のところに1週間ほど滞在しました」。

こちらも19歳の時のアメリカ旅行の一枚。「古着のTシャツにリーバイスはビッグE……。典型的なアメカジ愛好者だった時代です」。

こちらも19歳の時のアメリカ旅行の一枚。「古着のTシャツにリーバイスはビッグE……。典型的なアメカジ愛好者だった時代です」。

フランスに夢中だった20歳代中頃にパリへ。「『フランス』、『パリ』とつけば服でも本でも雑貨でも何でも買う! という時期で、当時働いていたショップ(エディフィス)で同じようにフランスにハマっていたスタッフ仲間と男二人旅でパリに行きました。のちの新婚旅行もパリに行くぐらい心酔していました。現在、仕事で行くのは主にイタリアですが、今でもフランスは好きです」。

フランスに夢中だった20歳代中頃にパリへ。「『フランス』、『パリ』とつけば服でも本でも雑貨でも何でも買う! という時期で、当時働いていたショップ(エディフィス)で同じようにフランスにハマっていたスタッフ仲間と男二人旅でパリに行きました。のちの新婚旅行もパリに行くぐらい心酔していました。現在、仕事で行くのは主にイタリアですが、今でもフランスは好きです」。

エディフィス勤務時代、イタリアで爆買いしたスーツのうちの一着。「ナポリのサルトで仕立てた3ピースで、パンツは後ろに尾錠が付いています。今でもたまに着ていて、学ぶことが多い一着です」。

エディフィス勤務時代、イタリアで爆買いしたスーツのうちの一着。「ナポリのサルトで仕立てた3ピースで、パンツは後ろに尾錠が付いています。今でもたまに着ていて、学ぶことが多い一着です」。

かつて職場の仲間だった方が持っていた1910年代のPコートを基にリングヂャケットが復刻したものを自腹で購入。ドレスクロージングのファクトリーで作られた本格的な作りが特徴だ。今冬、ドレッシーなアレンジを加えて再登場が予定されている。

かつて職場の仲間だった方が持っていた1910年代のPコートを基にリングヂャケットが復刻したものを自腹で購入。ドレスクロージングのファクトリーで作られた本格的な作りが特徴だ。今冬、ドレッシーなアレンジを加えて再登場が予定されている。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop