天才時計師ブレゲの海洋での業績を今に伝える「マリーン」コレクションが全面リニューアル【BASEL2018新作】

Facebook
Twitter
ブレゲ
ブレゲ

ブレゲ
マリーン・クロノグラフ 5527

伝統のデザインコードを守りつつ、ぐっとモダンな印象に

時計開発の歴史を2世紀早めたと言われる天才時計師、アブラアン-ルイ・ブレゲ。彼はまた、1815年にフランス海軍の正式なマリンクロノメーター(航海中に船の位置を正確に把握するため開発された高精度時計)製造者に任命されるなど、船舶の航行に関わる分野でも大きな功績を残すことで知られる。

そんなブレゲの海の歴史にオマージュを捧げた「マリーン」コレクションが、今年、全面リニューアルを敢行。昨年「マリーン エクアシオン」で用いられた新形状のラグを採用をはじめ、デザインが細やかにブラッシュアップされた。

こちらは「マリーン クロノグラフ」の新作だ。ケースサイドのフルート装飾や波をイメージさせるプッシュボタンはそのまま、職人の手彫りによる文字盤のウェーブ模様はぐっとエッジが効いたものに刷新され、インデックスもより立体的に造形。ラバーストラップも船のデッキを思わせるスリット入りのデザインとなった。

結果、今まで以上にモダンな艶気を獲得している。ちなみにクロノグラフ針の後端にあしらわれたモチーフは、海洋信号旗の「B」をあしらったものだ。
写真の18Kホワイトゴールド×ブルー文字盤のほか、18Kローズゴールド×シルバー文字盤(予価366万円、今秋発売予定)や、コレクション初のチタン(予価244万円、今秋発売予定)もあり。チタンモデルの場合、文字盤はサンバースト・スレートグレー仕上げとなる。
海を愛する人なら誰しも手にしたくなる新たなマスターピースの誕生だ。

ブレゲ マリーン・クロノグラフ 5527のディテールをチェック!(写真8枚)

ブレゲ
マリーン・クロノグラフ 5527

ケース径:42mm
ケース素材:18Kホワイトゴールド
ベルト素材:ラバーストラップorレザーストラップ
ムーブメント:自動巻き(Cal.582QA)
価格:予価366万円
発売時期:2018年秋予定
お問い合わせ先:
ブレゲ ブティック銀座 Tel.03-6254-7211
https://www.breguet.com/jp

撮影/岸田克法 文/吉田 巌(十万馬力)
※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop