トリッカーズ

傑作2大モデルに見る、トリッカーズ品質の秘密

M6934

M6934

トリッカーズのドレスラインを代表するストレートチップ。ヒールカップが小さく、フィット感の高い「10660/1」ラストを採用した一足だ。半カラス仕上げのソールなど、細部も高級感ある仕立てになっている。7万3000円

カントリー靴と好対照な繊細ステッチ

カントリー靴と好対照な繊細ステッチ

武骨なカントリー靴のイメージが強いトリッカーズだが、ドレスラインでは非常に繊細なステッチワークを見せる。同社の技術力の高さが窺える一面だ。

堅牢かつ美しい仕上げのシングルソール

堅牢かつ美しい仕上げのシングルソール

ドレッシーな仕立てに合わせた、丁寧なソールの仕上げも見事。エレガントな表情だが、しっかりと耐久性のある底材を使用し、堅牢さも保持している。

耐久性と高級感のバランスが見事なアッパー

耐久性と高級感のバランスが見事なアッパー

リッチな光沢を湛えつつ、タフな使用にも耐えるカーフを採用。実用靴としての高級さを重視する靴作りに、質実剛健なトリッカーズらしさが見える。

M5633

M5633

「M2508」と並び、カントリーシューズの象徴的モデルとなっている一足。ラストはブーツよりもややボリュームのある「4444」を使用。靴好きにも服好きにもファン多数の傑作休日靴だ。7万8000円

剛健さを全面に出したウェルティング

剛健さを全面に出したウェルティング

ドレスラインとはうってかわって、カントリー靴では剛健な仕立てを見せる。極太の出し縫いと水の浸入を防ぐストームウェルトはタフさの象徴だ。

快適な歩行をサポートするトウスプリング

快適な歩行をサポートするトウスプリング

分厚いダブルソールを採用しつつも、トウスプリングを強く設定することで快適な歩き心地を実現。靴自体は重くても、疲れを感じさせない作りだ。

がっちりと踵を包む360度ステッチ

どっしりとした大きなヒールを包み込むオールアラウンド・グッドイヤー製法で、耐久性は最強。悪路を気にせずガンガン履いてこそ真骨頂が発揮される。

繊細と武骨、二つの顔をもつ懐の深い靴作り

とにかく質実剛健、というのが一般的なイメージであろう。しかし、P2でも触れたように、トリッカーズはドレスシューズ作りでも100年以上の歴史を持つメーカーなのだ。その実力は、ドレス靴の代表的モデル「M6934」のディテールに表れている。繊細なステッチや格調ある素材使いを見れば、トリッカーズの靴作りがタフさ一辺倒でないことがよくわかる。

一方、カントリー靴では非常に武骨で堅牢な仕立てを見せている。相反する二つの靴作りを同時に行える懐の深さは、180年を超えるトリッカーズの歴史が培ったもの。伝統の力を思い知らされる一面だ。

トリッカーズと日本の意外な友好関係

トリッカーズと日本の靴業界には、あまり知られていない接点がある。日本の仕立て靴業界の第一人者、山口千尋氏が運営する学校「サルワカ・フットウェア・カレッジ」をトリッカーズの職人が訪れ、生徒に靴作りの技を伝授しているのだ。ちなみにこれは、両者の友好関係による非公式な講習のため、今後の予定などは未定とのこと。

レン氏
写真の人物が、トリッカーズの靴職人を長年務めていたレン氏(現在は引退)
レン氏の講習風景
来日した際に時間を作り、生徒に無償で講習を行っているそうだ。
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年May VOL.301月号

2019

May VOL.301

5

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop