チャーチ

傑作2大モデルに見る、チャーチ品質の秘密

ドレス靴の傑作 ディプロマット

ディプロマット

「コンサル」、「チェットウインド」(※主要モデル参照)と並び、チャーチの三大ドレス靴といわれる一足。"外交官"を意味するモデル名のとおり、端正かつ風格ある佇まいが魅力だ。ラストは「173」。8万7000円

質実剛健を象徴するオープンチャネル

オープンチャネル

チャーチはすべてのグッドイヤー靴をオープンチャネル(出し縫いの糸を隠さない仕様)にしている。装飾性よりも実用性をとる姿勢が表れた仕立てだ。

世界的人気を誇る均整の取れたラストシェイプ

ラストシェイプ

素朴ながら不思議と野暮ったくない端正なシェイプは、チャーチ最大の魅力だ。アメリカやイタリアなど世界中の洒落者から支持を集めている。

コバは適度に張り出しを残し堅牢性を重視

コバは極端に攻めず、張り出しを残して堅牢さを重視。こんなディテールひとつとっても、チャーチの堅実な靴作りを窺い知ることができる。

カジュアル靴の傑作 シャノン

独自素材ポリッシュドバインダーカーフを使用した定番。水気や汚れに強い素材と堅牢な作りによって、天候を気にせず履けるタフさが特徴だ。ボリュームのあるカジュアル靴用ラスト「103」を採用。9万7000円

マニアからも評価の高い独自素材

強い光沢を放つガラスレザーの一種、ポリッシュドバインダーカーフは、チャーチ独自の素材。水を弾き汚れにくく、手入れも簡単と良いことずくめだ。

悪天候にも対応するストームウェルト

雨がアッパー内に浸入するのを防ぐストームウェルトは、チャーチのカジュアル靴の一部に採用される。頑健な靴をよりタフに履ける仕立てが心強い。

どっしりと安定感のあるヒールは圧巻

カジュアル靴においては、大ぶりで分厚いヒールを採用したものが多い。耐久性の高さに加え、接地面が大きいため歩行時の安定感にも優れている。

質実剛健かつ格調高い不思議な魅力

靴作りに対するチャーチの哲学は、極めてシンプル。耐久性と実用性を重んじ、どこまでも真面目で真っ直ぐな姿勢を貫いている。質実剛健という言葉がこれほどぴったり当てはまる靴ブランドはほかにないだう。素材・作り・仕上げをつぶさに見ても、繊細さや高級感を過度に誇張することなく、あくまで強度や安定性 が念頭に置かれていることがわかる。

とはいえ、それだけに終始しないのがチャーチの凄さ。ラストシェイプや飾り穴の配置など、全体のバランスはまさに絶妙で、非常に独特な風格を有している。素朴な中に宿る格調こそチャーチが愛される理由だ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年May VOL.301月号

2019

May VOL.301

5

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop